ベトナム人エンジニア派遣

フォームからのお問い合わせはこちら

こんな問題を抱えていませんか?

ネオスなら解決できます!

ベトナム人エンジニアを選択するメリット

「リスク」と「コスト」を抑えて迅速な開発と安定運用の両立が可能︕

まずはお気軽にお問い合わせください。
無料でお見積りのご依頼も承っております。

お問い合わせフォーム

なぜ今ベトナム人が⼀番注⽬されているのでしょうか?

⼀時期、人気があった中国は「人件費の高騰」や「対日感情の悪化」などの影響もあり、中国離れが進行していきました。そこで東南アジアに注目がされるようになり、ベトナムやフィリピン、ミャンマーなどが「チャイナプラスワン」として踊り出てきました。特にベトナムは日本人によく似て、非常に勤勉で日本人との性格の相性も良いのが特長です。
また、ベトナムでは優秀な学生がIT分野への就職を希望することが多く、国策としてもIT分野に力を⼊れている背景があります。良好な対日感情や、安定した政治情勢なども相まって、東南アジアではベトナム人エンジニアが⼀番人気がある国となっています。
ベトナム人エンジニアには技術力でもまだまだ伸びしろがあるのも大きな優位性の⼀つです。 ※日本における外国人労働者総数はベトナムは中国に次いで第⼆位となっている(厚生労働省職業安定局・「外国人雇用状況」の届出状況まとめ(平成27年10月末現在)より)

  ベトナム人エンジニア 中国人エンジニア インド人エンジニア フィリピン人エンジニア ミャンマー人エンジニア
語学力
スキル  
性格(日本人との相性)
政治安定
生産性
主な宗教 仏教 = ヒンドゥー教 キリスト教 仏教

ネオスがお客様から選ばれる理由

3つの安心

①現地での厳しい採用基準

ベトナム人エンジニアの採用活動はベトナム現地にて実施しています。
書類審査、面接、試験など厳しい採用基準を標準化しており、スキルだけではなく、語学力、適正なども考慮し、選考しています。

②ネオス日本法人社員としての採用、受入

派遣するベトナム人エンジニアはすべて「ネオス日本法人の社員」です。
そのため各エンジニアの性格や特長、スキルレベル、日本語レベルを詳細に的確に把握しています。

③ネオス日本法人が全面バックアップ

東証⼀部上場のネオス日本法人が運営を行っているため
日本スタッフが「必ず」サポートに入りますのでご安心ください。

さらに詳しい話を聞きたい方は
こちらよりお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

実績のあるネオスだから広がる可能性︕

リスク・コストを抑えた開発&運用

表

将来的な
グローバル開発の足がかりに

ネオスは長年にわたるオフショア開発の実績からオフショアマネージメントに強みを持っています。
日本人PMを派遣し、連携してシステム開発を行うことも可能ですし、常駐するブリッジエンジニアを
窓⼝とし、弊社のベトナムオフショアリソースを組み合わせて活用する事も可能です。

成功実績

成功実績

大⼿ベンダー(パッケージベンダー)さま

同じレベル、同じスキルを持った日本人エンジニアと比較して月額20万円以上の差があったが、
実際に面談しても日本語はネイティブに近く、コミュニケーションについては問題なかった。
日本向けのシステム開発経験が豊富で、すぐに複数名体制でアサインできるとの事で採用してみた。
結果、1年半以上、固定メンバー4名に稼働してもらっていて重宝しています。また、繁忙期には追加で要員追加させてもらうなど、当社の開発体制において欠かせない戦力になっています。
※大手流通会社向け在庫管理システム開発

大⼿重機メーカーさま

都心から2時間ほど離れている現場のため、なかなか優秀なエンジニアが集まらなかった。
日本の住む場所にこだわらないベトナム人の方に来てもらう事になったが、
正直最初は大きな期待はしていませんでした。ただ経験や能力など日本人と比較しても遜色なく、
コーディングスピードにおいては現場でもトップクラス。いい意味で期待を裏切られた。
※大手メーカー向け生産管理システムの大規模リニューアル
※2名常駐

大⼿Sierさま

運用業務、メンテナンス業務、調査業務など作業ベースの非コア業務が社内のリソースを圧迫して
いました。数に限りがある日本人エンジニアを新規プロジェクトのフロント業務に専念させるため、
これらの非コア業務を担当していただくベトナム人エンジニアを採用させてもらいました。
日本語が堪能なため、クライアントと直接コミュニケーションをとってもらうなど
徐々に活躍の幅を広げていってくれています。

中堅Sierさま

現在、ベトナムでオフショア開発を行っており、遠隔で開発指示を行っていました。
ただ当社にオフショア開発の経験があまりない事、遠隔であるが故に認識の齟齬や手戻りが多く、
余計に工数がかかっていました。ベトナム側の管理を円滑に進められるように、日本側にベトナム人の
ブリッジSEの採用を検討していました。現在、ネオスさんからベトナム語はもちろん、
日越双方の文化や商習慣に明るいブリッジSEを派遣してもらっています。
今となっては当社のオフショア開発の開発リーダー的な存在になってくれています。

もっと詳しい事例を知りたい方は

お問い合わせフォーム

在籍しているエンジニアはこんな人達︕

N.A.H 33歳 日本滞在6年

日本滞在が長く、ほとんどストレスなく日本語での指示が可能。マネジメント能力が高く、現在はPLとして5人のベトナム人エンジニアを率いている。

  • 日本語:N2 日本語による打合せ参加、ドキュメント作成が可能
  • 言語:.net6年、Java2年、PHP2年、Android
  • DB:MySQL, Oracle, Access
  • 現在の稼働案件:食品メーカー向け在庫管理システム開発
  • 役割:PL
N.T.A 30歳 日本滞在4年

WEB開発経験が豊富。日本語のコミュニケーション力、専門用語の理解力も高く、顧客向け提案資料なども自ら作成可能。

  • 日本語:N2 日本語による打合せ参加、ドキュメント作成が可能
  • 言語:Java 6年, PHP 2年
  • DB:PostgreSQL, MySQL, Oracle, Access
  • 現在の稼働案件:損保会社向け会員管理システム開発
  • 役割:PL

さらに詳しいエンジニア情報を知りたいお客様はこちらから。
無料でお見積りのご依頼も承っております。

お問い合わせフォーム

よくある御質問

日本語レベルは問題ないでしょうか?
また、通常のコミュニケーションやドキュメントも日本語で問題ないのでしょうか。
ビジネス会話レベルの日本語能力を持つベトナム人エンジニア(N2レベル)が大半を占めますので、
コミュニケーションもドキュメント管理も問題なくすべて日本語で業務ができます。
派遣を依頼する際はどうすればいいでしょうか?
案件情報をいただいて、スキルにあったエンジニアを提案します。
その後、面談設定させていただきます。
派遣期間の制限はありますでしょうか?
ありません。1ヶ月単位からご相談可能です。
派遣契約期間の更新をお願いしたい場合はどうすればいいでしょうか?
終了予定日1ヶ月前までにご連絡ください。
残業や休日出勤をお願いすることはできますか?
はい、可能です。
深夜業務や休日出勤、またはそれに伴う代休設定などは事前にご連絡ください。
機密情報を取り扱わせても大丈夫でしょうか?
昨今、機密情報を取り扱わない案件のほうが逆に少なく、ベトナム人エンジニアも機密情報を扱う案件に多く携わっています。ネオス社内では日本人以上に定期的な情報セキュリティの社内教育に力を⼊れておりますので、ご安⼼ください。
交通費や保険料は⽀払う必要はありますでしょうか?
ネオスの社員なので保険料はネオスが負担します。
また都内近郊勤務の場合は交通費はネオスで負担いたしますが、それ以外の遠隔地の場合はご相談ください。
オフショア開発のブリッジSEとして活用できますでしょうか?
ベトナム語はもちろん日本語もビジネス会話レベルであるため、ブリッジSEとして活用するケースも近年、増えております。
複数名体制で派遣してもらえますか?
日本語が堪能なSEを下に、実装者を複数名アサインすることも可能です。それによりさらにコストを抑えることができます。過去日本国内で10名単位の体制で派遣した実績があります。
派遣費用はおいくらでしょうか?
同じスキル、経験年数の日本人と⽐較して、単⾦で10〜20万円ほど費用を抑えることができます。

ご利用の流れ

  • お問合せフォームからお気軽にお問合せください。
    もちろんお電話でも承っております。
    ※その際に案件情報をご教示いただけましたら、その後スムーズに要員の提案が可能です。

    03-5209-1585
    お問い合わせフォーム
  • 必要に応じて弊社の日本人担当者が御社にお伺いし、
    御社の業務内容や必要スキル、ニーズなどをお伺いします。
    お伺いした御社のニーズにあわせたエンジニアの
    スキルシートをご提案いたします。

  • 御社の書類審査を経て、
    ご都合に合わせて面談をセッティングいたします。
    ※オフショアリソースの活用検討時はSkypeでの面談も可能です。

  • ご要望のベトナム人エンジニアを派遣します。
    複数名での体制による派遣も可能です。
    派遣後も定期的に弊社がアフターフォローします。

お問い合わせフォーム

ベトナム人エンジニア派遣に関するお見積もりやお問い合わせは、以下のフォームの各項目に必要事項を入力し、
「次へ」ボタンをクリックしてください。

御社名

必須

ご担当者氏名

必須

メールアドレス

必須

メールアドレス(確認)

必須

電話番号

必須

お問い合わせ区分

必須

お問い合わせ内容

個人情報の取り扱いについて、下記の内容にご同意いただきましたら、次の画面へお進みください。

ネオス株式会社 個人情報保護方針

ネオス株式会社(以下、当社)は、真にお客様が必要とする価値を『コンテンツ』と『IT』の力で具体化していくサービス&ソリューションカンパニーとして、様々な端末がインターネットでつながり、豊かなコンテンツサービスの提供が可能となるユビキタス社会の実現に貢献してまいります。そうした中で、当社は個人情報を個人の方々の貴重な財産であると認識しており、お客様から求められている個人情報の取扱に関する適切性の確保を、企業全体の最重要課題と捉え取り組んでおります。
このような背景を鑑み、個人情報の取扱について、次のように方針を定めます。

  1. 当社の個人情報保護方針の目的
    1. 1)確実な個人情報の保護を実現し、お客様への継続的な安心を提供する。
    2. 2)確実な個人情報の保護を実現し、従業員への継続的な安心を提供する。
  2. 個人情報の取扱について

    当社は当社が実施するインターネットを活用した各種事業やコンテンツサービスに関する顧客情報や従業員情報等の個人情報の取扱につき、業務実態に応じた個人情報保護のための管理体制を確立するとともに、社内規程に従い適切かつ慎重に取り扱います。

    (1)個人情報の収集について
    個人情報を収集する際には、お客様及び従業員に対して収集する目的を明確にし、その目的達成に必要な限度において適法かつ公正な手段を用います。
    (2)個人情報の利用について
    個人情報を利用する際には、お客様及び従業員が同意を与えた収集目的の範囲内のみで利用致します。
    (3)個人情報の提供及び預託について
    個人情報を第三者に提供または預託する際には、お客様及び従業員が同意を与えた収集目的の範囲内でこれを行います。なお、提供または預託を行う場合は、事前にお客様及び従業員に事前の承諾を頂いてから行います。
  3. 安全対策の実施について

    当社は、個人情報の正確性及び安全性を確保するために、情報セキュリティ対策をはじめとする安全対策を実施し、個人情報への不正アクセス、または個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏えい等を確実に防止致します。また、内部監査の結果、市場のセキュリティ事故の実例ならびにお客様及び従業員からの要望等により改善が必要とされたときには、速やかにこれを是正致します。

  4. 法令・規範の遵守について

    当社は、確実な個人情報保護の実現のため、個人情報関連法及び当社が加盟する団体のガイドラインを遵守致します。

  5. マネジメントシステムの継続的改善について

    当社は、内部監査や事業の代表者によるマネジメントシステムの見直しの機会を通じてマネジメントシステムを継続的に改善し、常に最良の状態を維持します。

  6. お客様及び従業員の権利の尊重

    当社は、お客様及び従業員の権利を尊重し、お客様及び従業員から自己の個人情報について以下の対応を求められた際には、速やかにこれに応じます。

    • 自己の個人情報の開示
    • 自己の個人情報の訂正・削除
    • 自己の個人情報の利用拒否、及び提供の拒否
    • 苦情及び相談への対応

制定日 2005年3月31日
改定日 2008年1月31日

代表取締役社長 池田 昌史

« お問合せ窓口 »
個人情報の取扱いに関するお問合せ、開示等請求の宛先は、下記の通りです。

〒101-0041  東京都千代田区神田須田町一丁目23番1号
住友不動産 神田ビル2号館10F
ネオス株式会社 個人情報管理責任者
e-mail: info@neoscorp.jp (表題に「個人情報問合せ」と記入願います)
Tel: 03-5209-1590(代表)Fax: 03-5209-1591

« 開示対象個人情報に関する扱いについて »
当社は、取得した開示対象個人情報に関して、開示を求められた場合、速やかに応じます。開示対象個人情報に関するお問合せは、上記お問合せ窓口にお問合せ下さい。また、お問合せを受けた後本人確認を行います。何卒ご了承下さい。
■当社が取得する個人情報の利用目的
当社が取得する個人情報の利用目的は、以下の通りです。
(1) 情報システムの構築開発、ウェブサイトの構築等の事業におけるお客様へのご連絡、協力、交渉、契約の履行、履行請求等
(2) 当社が提供する情報サービス運営等の事業におけるサービスの運営、ユーザーサポート、契約の履行、情報等のご案内、メールマガジンの配信
(3) 当Webサイトにおける資料請求に応じた資料送付、お問い合せに応じた回答等
(4) 従業員及び退職者雇用及び人事管理、福利厚生、給与の支払い、労働関連法令への対応、当社業務上のご連絡
(5) 当社へ入社を希望される皆様及び人材紹介会社等からご紹介いただいた方の採用応募の受付・記録、採用選考、採用に関するご連絡、情報のご提供
■開示要求の申し出先及び苦情等の申し出先
上記お問合せ窓口にご連絡下さい。
■開示等のご要求に応じる手順

上記お問合せ窓口に用件を記入の上ご連絡下さい。
ご本人様の確認を行わせて頂きます。
ご本人の確認が取れ次第、7営業日以内にご対応いたします。
※個人情報の開示に関する手数料等はかかりません。

« 当社以外が取得した個人情報を取り扱う際の利用目的について »
当社は、当社以外が取得した個人情報を扱う場合があります。この場合においても、個人情報保護方針に則り、適切かつ慎重に個人情報を取り扱います。なお、当該個人情報に関するお問い合わせについても、上記お問合せ窓口にお問合せ下さい。
■当社以外が取得した個人情報の利用目的
・情報システム及びウェブサイトの保守・運用等に必要なお客様情報の保管・管理のため
« 当社の所属する「認定個人情報保護団体」及び苦情のお申し出先 »
当社は、以下の認定個人情報保護団体の対象事業者であるため、下記の個人情報保護苦情相談室へ苦情の解決の申出をすることができます。
お問合せ先 一般財団法人日本情報経済社会推進協会
プライバシーマーク推進センター 個人情報保護苦情相談室
住 所 〒106-0032 東京都港区六本木一丁目9番9号 六本木ファーストビル12F
電話番号 0120-700-779 / 03-5860-7565
【当社の商品・サービスに関する問合せ先ではございません】
URL プライバシーマーク推進本部